2020年12月11日金曜日

2年生初の大判スクリーンプリント!


こんにちは!
課題も卒制も大詰めになってきました!
今回は二年生のシルクスクリーンプリントの授業についてレポート致します!


実はこの授業、年々進化していってるんですよ。。。

これまではA3サイズくらいの版を使ってプリントを学ぶ授業でしたが
今年度からはなんと、
生地幅いっぱいのプリントを学ぶことができるようになったのです!!!

これは驚き!


来年3年生で織り・染めに分かれる前に
大きなプリントを体験できるのはかなり良い経験になっているはずです!

今年は数少ない対面授業の中で、グループを二つに分けて
各3回ずつの授業で完成まで行きます!
これまたスピーディー!

瞬発力があるのが、染めの良いところでもありますよね〜


今回の工程の前にたくさんの準備
(デザイン、乳剤塗り、製版、染料づくり、リピート位置設定など)をして
やっっっとプリントできる!そんな緊張の一瞬です!

では、実際にプリントしている姿をご覧ください!
(がんばれー!:気持ちの声)


初めてで大きな版は扱いが大変なので、学生同士で助け合います!



授業担当の吉本先生がお手伝いしてくれてます!
吉本先生は実際にこれまで自身で沢山プリント製作をしてきたのでかなりプロフェッショナルな先生です!デザインもかっこいいんですよ〜!
スキージーの角度で綺麗に刷れるかが決まります!
ドキドキ!




そしてスペシャルゲストティーチャー
鈴木マサル先生がなんと直接ご指導してくださってます〜!
イエローチーム、息ピッタリですね!
「そこ!最後まで!角度変えずに綺麗に!」
みたいなこと、教えてもらってるのかな・・・!
良い感じそうです!



1版のみ、1色での表現ではありますが
原画を描く画材や、白場の使い方、構図、リピート
いろんな条件の中で様々なデザインをすることで
全然異なる柄に仕上がるんですね〜

このプリントは反応染料なのでこの後、蒸して洗います!
そうすることで生地に染料が定着してしっかりと糸に染み込んだプリント生地になります!


数少ない実習ですが、名一杯楽しんでくれていたら良いなと思います!


お疲れ様でした!









鵜飼