投稿

JAPAN TEXTILE CONTEST 2020に入賞!& 本校のブランドムービー公開!

イメージ
  こんにちは〜! 昨年度に行われた JAPAN TEXTILE CONTEST 2020 に 当時3年生のお二人がシーズ賞を受賞されました! おめでとうございます〜!! JAPAN TEXTILE CONTEST 2020 様々な部屋に馴染むユニセックスな生地を目指したそうです! 組織から自分で考えた力作です! 砂漠に咲く花をイメージしてリネンとウールとシルクで 見事に仕上がっております! 現在お二人は織専攻の4年生です。 今後の作品も楽しみです! そしてそして 各専攻のPRムービー が公開されました! テキスタイルデザイン専攻ブランドムービー 30秒の動画を作るのに こんなに準備と時間がいるのか!と プロのお仕事を間近で見ることが出来て 勉強になりました~ 撮影時の様子です! : : : いつもとは違う部屋のようです〜! カットされました糸紡ぎシーン 笑 モニターチェック! 本編ではくまちゃんをチェックです 笑 このレールがかっこいい! 他専攻のムービーもかっこよく仕上がっていますので チェックしてみて下さい〜! 熊谷

3.4年生、プリントの講評!

イメージ
こんにちは! 染め専攻では今年度一発目の講評が3・4年生ともに行われました! みんなドキドキしていましたが、先生の辛口コメントはどう受け止めていったのでしょうか! 久しぶりの実践の学生もいたので、うまくいかないことも多かったと思います。 しかしみんなよく形にしてきました! ではまずは4年生からご覧ください! 4年生 オパールプリント × 捺染・スクリーンプリント・その他の技法を掛け合わせたデザイン ワインを包むための風呂敷の提案   白ワインの葡萄をイメージしています! 黄色などのマーブル部分は捺染、 グリーンの部分はポリロン染料を含ませたオパールプリントで透けた感じに仕上がっています! インパクト大!目ですね〜 初めての技法で、やってみてわかったことがたくさんあったようです! こちらはポピーの柄。 風に揺らいでるいい構図になりました! これはポリロン染料のオパールプリントとシリアス染料の浸染を うまく組み合わせたものです! こちらは捺染を全面に施した後、地の白部分をオパールで全抜きした作品。 なかなか端まで抜くのが大変なんですが、、、よくがんばりました! 版を使わずに大きなストロークで自由な線を描いています。 こうしてみると、圧巻ですね〜! 4年生はこの後、卒業制作に向けて動き出します。 まだまだ時間はあると思いながらも、いつの間にかすぐそこまで迫ってきたりするものです。 気を抜かず、突っ走れ〜! 次は3年生。本格的に多色プリントを学ぶ第一歩の課題です。 今年度は19人の学生が染めに入ってくれました。 (場所が限られている中、学生同士で協力している様子に、鵜飼は感動しました。。。) 3年生 シルクスクリーンプリント(3版) ティーカップの伝統的な柄からインスピレーションを受けた柄 畳がテーマの柄 色と線の重なりが綺麗ですね! お花のある部屋がコンセプトの柄 独特な形に落とし込んだ花柄、配色も見てみたい! スカートから出る足、なんだか踊っているように見えます! 実は鏡に写ってもう一人の女の子もいるんです! ペルシャ絨毯の柄をイメージ 柄が細かすぎて、、、先生たちはそっくりな姿勢に! ここまで綺麗に良く仕上げましたね〜! 初回でこれはかなりの腕前です! 離れてみたところからの構図もとても大事です! 動物のデフォルトの仕方が上手ですね! この中の数点は、今週末開催される

2年生 フェルト

イメージ
こんにちは〜! いよいよ6月に突入しましたね! 今回は二年生のフェルトの作品をご紹介していきたいと思います! 東京造形大学ではフェルト作家の徂徠友香子先生に 羊毛の事から縮絨のことまで 教えて頂いております! それでは 学生の皆さんの作品をどうぞご覧ください〜! 2年生 フェルト講評 スナップボタンで付け替えられる 壁を彩る作品です アンモナイト・・・ 最初は皆さん同じサイズで素材を試しておりました〜! 羊の服で羊の毛を丸めております・・ ヘタが良い感じ! 帽子を制作! 洋服のカラーと合わせてプレゼンテーション! オーガンジーと羊毛でワンピースが! : : フェルトの授業は期間が2ヶ月と、あっという間に終わってしまいます! 毎回授業をとても集中して取り組んでいましたね。 皆さんお疲れ様でした〜! 熊谷

3年生、黙々と色糊捺染!

イメージ
 今回は3年生染めコースの 色糊捺染 の様子をお伝えします〜!!! 色糊捺染は、造形大独自の染色技法で 絵を描くような自由な表現が可能なプリントですが、 様々な道具を使うことでも全く異なる仕上がりになります! 染料を混ぜ合わせスキージーで引きずる 筆で置く 消しゴムをハンコにして羅列させる 制作時の色と仕上がりの色は、かなり変わってくるんですよ〜 難しい! 引っ掻いて模様を出す その上から背景色を全面に塗るんです! 色糊を置いた順番に色が前に出てくるので、 最終形態を想像しながら制作していくことがポイントとなります! 背景にもこだわっていますね〜! おっとここではLEGOが登場! どんな効果が出てくるのか、、、楽しみです! 吉本先生と一緒に染料作りです! 基糊が重たくて混ぜるのに力が入ります、、、(がんばれ〜) ホイップクリームのように筒から染料を細く出して、柄を描きます。集中あるのみ! 全ての糊をのせ終えたら、蒸す準備です! 実はオガクズをかけるんです!お料理番組みたいになってきましたね。 そして、熱々の蒸し器に投入! むし終えたらた〜っぷりの水で洗っていきます。 そしてできたのがこんな感じ! 今回はサンプルブック用に様々な表現を研究する課題です。 色糊特有の強くずっしりとした色合い、やっぱりグッときますね〜! 6月上旬は今年度最初の講評ラッシュが訪れます! なので今、テキスタイル工房は怒涛の稼働状態。。。 講評を楽しみにしてます! 鵜飼