大人気作家katakata先生による型染め授業!

こんにちは〜!

着々と好評が近づく中ではありますが、本日は
型染め
についてお伝えしていきます!


今年度はなんと、
大人気型染め作家katakataの高井先生、松永先生の
2名体制による贅沢な授業展開となり(オンライン対応のため)
学生の理解度もグンと増している伸び盛り2年生の様子を
どうぞご覧ください!!!




渋紙をデザインに沿ってカッターで彫り、
メッシュ状の紗という薄い生地を、貼り付けます!
これを紗張りと言います!
(シルクスクリーンでも似た工程があるのは、これが原型となっているからです)





基糊という防染力のある糊を置いていきます!
これが型染めの醍醐味です!





1リピート糊置きができたら、次の位置に。
これはかなりアナログな仕事です。
慎重に慎重に繋げていきます!






きれいにつながるとこの様に!
これはトビウオかな?!






生地がよれないように、ピンと張ります!






乾いたら、にじみ止めを塗ります!






そして、ハケで染料をひいていきます。
直接染料のシリアス染料というものを使っています。

縞々にしたいのかな・・・?







蒸し暑い中、外で頑張っています!






色分けをしたい人は、小さな差し刷毛を使って表現します!






この後、色止め液を塗って乾かし、
蒸し器で蒸して洗ったら完成です!



講評は来週。
どんな仕上がりか、楽しみです!










鵜飼

このブログの人気の投稿

ZOKEI展2020年度:今年はWEB開催!

学部1年生が初登校!半期越しのドキドキの初対面です!

2年生スクリーンプリント講評!