2020年10月23日金曜日

対面授業がスタート!

 

こんにちは!
後期は対面授業がスタートしました。
久々に直に会っての授業で
皆んなの元気そうな様子がキャッチできましたので
お届けしたいと思います〜!

〜後期の対面授業がスタート!〜




 1年生 
持ち運べる織り機を作成

並べて講評!


 2年生 
綴れ織の緯糸選び どれにしようかな


 3年生 
シルクスクリーンの版作成 紗張りは協力です!

ニードルパンチ前の生地セッティング




後期授業が始まってからあっという間の1ヶ月でした!
賑やかな声が聞けてこちらも活気が出てきます!

他授業も続々と対面授業がスタートしていますので
またリポートします!
それではまた来週〜!



熊谷



2020年10月16日金曜日

清家ゼミナール展



立て続けに、清家ゼミの展示が今週行われていました!


独特な世界観を持つ二人の学生の作品、
何かグッと引き寄せられるものを感じました!


その魅力を少しでもお伝えできればと思います!






作者 : 平塚 響












作者 : 田中 諄祐










全体像はこちら!





次回は対面授業の様子をお知らせします〜!







鵜飼
 

2020年10月9日金曜日

3年織専攻 成果発表展


 こんにちは〜!
肌寒い季節になってきましたね。
大学では金木犀の香りが広がっています^^



3年生の前期の課題で発注して制作した織物が上がってきました!


ドローイングからオノマトペをテーマにデザイン
織物の構造(織り組織)を理解し
紋紙データまで作って機屋さんに発注し
織ってもらうぞー!
という課題でございました。


そしてそして、学内にcsギャラリーという展示場所で
前期の成果物を展示致しました!
作品のご紹介と、展示の様子をご覧下さい。



3年生 織り専攻 成果発表展

2020/10/05 ~09

数々のデザインソース 最初は紙で組織を勉強しましたね



織表現A

「za-za-」



「わくわく」



「ゆらゆら」



「ぶくぶく」




「だらだら」



「しゅわしゅわ」



「うとうと」



「もやもや」


リネンで作った人
ウールで作った人
それぞれですが
洗うと風合いが変わって組織がもりもり出てきます。

全体を一見すると
白い布、モノトーンの布があるな〜という感じですが
柄と組織と素材に集中して制作が出来ていて
よかったのでは無いかと思います!




織表現C

リモートで講評した作品も
実際見るとまたひと味違いますね。



良い感じだね〜と言っております。



いかがでしたでしょうか!
ほんの一部ですがご紹介させていただきました。
ドローイングから生地が生まれる瞬間
感動しますね。

私も織物を勉強してきた訳ではないので
3年生と一緒の知識量のスタートで経過を見ておりましたが
皆さんが粘って考え抜いたデザインや組織の選定が
生地にきちんと現れていていると感じました。
(先生達も粘りに粘って指導していて
そこにも感動しましたが)


今回このコロナ禍で従来とは違う試みをした授業を行いました。
工場に織ってもらうという事は
製品を作るような物ですが
今回作った織物は市場に無い
学生の独創性が詰まった作品が出来ました。
ご協力いただいた機屋さんには大変感謝です。
有難うございました!




3年生の皆さん、織組織マスターできたかな?!
なにせ奥が深いので!




熊谷

2020年10月2日金曜日

4年生卒業制作が本格始動!

 こんにちは!

今回は学部4年生卒業制作の中間報告をお届けします!


今年はリモートで各自卒制計画をプレゼンしました!

その様子をどうぞ!






「制服と没個性」について問う、ぬいぐるみ作品







「意志を固くする布」をデザイン








季節の恵みから、椅子敷を制作








車の装飾をテキスタイルに落とし込んだインクジェットプリント









日用品、ゲーム、電化製品などのプリントクッションで部屋を表現










労働者の象徴である軍手を解体し、服を制作






自身にとっての「家族」をタペストリーとして表現







こちらは前期終了時のプレゼンテーションになります!



今年は卒制評価が例年よりも早まったため、10月から本腰入れて進めていくことに!

来週から工房使用の学生も少しずつ増えてきますので、
安全活動も引き続きしていけると良いですね!


新しい時代の卒業制作、どんな作品が出来上がってくるのでしょうか!
楽しみです!









鵜飼