2019年11月29日金曜日

2・3年生染め講評!



後期も半分が終わり、
染めの授業では講評が行われました!




2年生は初めてシルクスクリーン(版)を使ったプリントに挑戦する授業です!



描いた柄が、そのままのクオリティーでプリントされ、
生地になる事がまず嬉しい!
そんな課題でもあります!




コンセプトも大事です!
とても発色良く仕上がりましたね!




色と色が重なり、その部分が異なった色になるのは反応染料の特徴です!
斬新な柄もありますね〜





ずらっと並ぶとなかなか見応えもあります!



素敵なブックも仕上がったようです!


この授業の最終課題はプリント生地をバッグに仕立てる事。
どんなものが出来上がってくるのか、楽しみです!!!











そして3年生の染めコース
プレ卒制に向けた中間講評です!

テキスタイル専攻は3年生後期のうちから卒業制作を意識した授業を行っています!




まずはチロルチョコをモチーフにしたクッション!


赤ちゃんが抱くためのお菓子クッションがコンセプトだそうです!
実際抱いたらとっても愛くるしいでしょうね〜





こちらは鳥の愛護の思いを込めたプリントスカーフ


ハンドプリントでこの柄を仕上げるにはかなりの技術が必要なんです。。。
この時点でもとっても素敵な柄ですが、最終講評では完璧なものを期待します!





こちらは普段見る風景を柄に落とし込んだ抽象的な柄のタペストリー。
シルクスクリーンと色糊捺染の両方の技法ををそれぞれ適したスケールで表現し
上手に落とし込んでいます!




こちらは紙にシルクスクリーンプリントを施した
「ネガティヴな紙袋」
生地ではなく、紙である事
自立する立体のプロダクト提案は珍しいですが、
コンセプトもなかなか面白いので乞うご期待です!



このように制作も全学年大詰めです!
卒業制作、プレ卒制、大量の課題、初めての織物などなど
それぞれ作品としっかり向き合い、いいものを作っていきましょう〜!









鵜飼