2019年1月18日金曜日

「ZOKEI展」卒業制作・大学院修士制作展が開催されています!


とうとう冬本番ですね!
相原は特に冷え込むので、身も引き締まる今日この頃ですが、
とうとう集大成のZOKEI展が開催されます!


今回は、講評の様子の一部始終をご紹介します!


こちらは手捺染でしか作り出せない重版(色の重なり)の美しさを
壮大なスケールに落とし込んだ作品!
実物はかなり迫力があります!

こちらの作品は多層組織織といって層を作ることで、複雑な組織を織り上げています!
雨をモチーフにしたパターンで
近くから見てもとても綺麗な布に仕上がっています!



こちらのプリントはとっても力強くのびのびとしたプリントに仕上がっています!


こちらはシルクオーガンジーにフェルトを掛け合わせた
新しい質感の服に仕上がりました!


こちらの作品は東京造形大学ならではの技法、色糊捺染で
筒がきや削るという表現方法で染め上げています!


他にも色々な方向性の作品が勢ぞろいしています!







この他はぜひ会場でご覧いただきたいと思います!


場所は、CSホールです!
とっても寒いので、暖かくしていらしてください!




次に大学院修士課程の様子です!
今年もやはり、大学院生の作品は格段にレベルが高いです。

この二年間での成長が一目でわかります。









大学院生は12-202で6人全員が展示しています!
ぜひ足をお運びください!




ZOKEI展開催概要

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

日時:2019年1月19日(土)~1月20日(日) 10:00~17:00
会場:東京造形大学キャンパス内(入場無料)
交通:JR横浜線相原駅よりスクールバス5分(無料)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー








また今回の講評はスペシャルなゲストとして名誉教授、非常勤の先生、をお迎えし、
貴重な講評となりました!





飛田先生、萩原先生、大橋先生
ありがとうございました!





そして今度こそ
須藤先生教論生活17年間最後の講評となりました。



大橋先生、鈴木先生と作り上げてきた17年間。
今振り返ると、走馬燈のようにテキスタイルの工房の様子が蘇ってくるそうです。



感極まって助手の岸本さん、涙。




年に一度の一番大規模な講評が終わりました!
4年生、院2年生、先生方、お疲れ様でした!



最後の最後には、学外の青山スパイラルの展示があります!
まだまだ良くなる作品もたくさんありますので、ぜひご期待ください!


では、この土日
東京造形大学でテキスタイル専攻一同
お待ちしておりますー!








鵜飼