2017年1月30日月曜日

修士・博士課程中間発表展は明日までです!

六本木アクシスギャラリー・シンポジアにて大学院生、博士の展示が開催中です。



大学院1年生 黄 奕如さん

シルクスクリーンプリントで表現された柄は織物を織る人々の柄、酒や塩を造る人々の柄など、なんとも独特な世界観の柄ですが、柄の雰囲気が浴衣とマッチしていてカッコよく仕上がっています。



 大学院1年生 鵜飼 甘菜さん

コンポジションをテーマとした柄をプリントし、その生地を服に仕立てています。裁断の仕方により1着ずつ違う表情に仕上がっており、とても迫力のあるコレクションです。


大学院1年生 長嶋美紀さん

鳥の羽をテーマに、エッチングの技法で描いて柄をプリントしています。それぞれの布にイメージした鳥があり、イメージごとに布を地染めしたり、タッチを工夫しています。薄い生地感がプリントにとてもマッチしています。



博士課程 顧 真源さん

型染めの技法と今後の社会での在り方を研究をしている顧さん。今回は糊の研究と共により製品となることや、使いやすさを研究したそうです。ユニークな動物や植物のモチーフがバランスよく配置されています。

 1月26日には講評会&オープニングパーティーが開催されました。



 テキスタイル学部生によるケータリングユニット、tawao による柄に合わせたケータリングはとても美味しく見た目にも楽しませてくれる料理でした!








修士・博士課程 中間発表展
 2017年1月26日(木)〜1月31日(火)
11:00 ~ 20:00    ※初日のみ18:00 ~ 20:00
AXISビルB1 アクシスギャラリー シンポジア
東京都港区六本木5-17-1 


展示は明日までです!
ぜひご覧ください〜!

吉本