2018年12月13日木曜日

「 Ori Ami Knits 」須藤玲子ゼミナール作品展2018開催中!

ただ今、12号館(院棟)1階のZokeiギャラリーにて
「Ori Ami Knits」の展示を開催中です!


大橋重臣先生(オオハシ・バンブーワークス)のご指導により、
巨大な「輪弧編み」に挑戦しました!



輪弧編みとは、縄文土器の底部にもみられる編み模様、
放射状に広がる編み方がとても美しい「輪弧編み」です。

その技法は、編み始めのバーと、編み終わりのバーに対して
常に「3本潜り一本のせ」の技法で編んでゆきます。

組み編み始めと、編み終わりの接続を平面で編むのは大変ですが、
バーの潜る本数を増やしていくと、輪が小さくなり、潜る本数を減らせば、輪は大きくなるのです。
また、バーを増やすと輪が大きくなるので、目的の寸法になるように、編み方、バーの本数を増やすことで様々なアレンジが可能です。




今回は須藤玲子ゼミナールの4年生6名が

3つの大きなアートピースを作り上げています!



迫力もあり、繊細な構造を持つ編みの表現は
織物とはまた違った味わいを持っています!



2013年にスタートした編みゼミナール、研究テーマは「ori・ami ・knits」。

人の手、あるいはその延長にある道具による
編み」、「織り」の基本的な構造を理解すること。

そして編み技法、織り技法、あるいは素材を変えることにより
風合い、形状が変化することを実証する目的で開講しています。

本年度は前期に「機械編み」、後期には「竹編み」に挑戦しています。



本日12/13~12/14     11:00までの開催ですので
ぜひ大学院棟1階ZOKEIギャラリーへお越しください!







また作品の制作風景を少しだけご紹介します!

まずは竹を使用して小さな輪弧編みを体験しました!







本番はポリカーボネートを用いて制作しました!







 そして、ご指導頂いた大橋重臣先生には
一年生にも「籠編み」をレクチャーしていただきました!











大橋重臣先生、ありがとうございました!






鵜飼