2018年4月26日木曜日

2年生授業紹介! 〜ニット生地で手編み編〜


こんにちは!

本格的に授業が始まってきました!
今回ご紹介する授業は、中村先生のニット編みの授業です!


中村須彌子先生は
「 CIANSUMI (チャンスミ)」
というニットブランドを立ち上げ現在は展示会での発表を中心に、
CM、広告、雑誌への作品制作などで活躍されています。

布を裂いたものを編んでいく裂き編みや毛糸のニットワークなど、
様々な素材を使って作成されており、
繊細なものからポップなものまで、見る人を飽きさせない
素敵な作品を作り出している先生です。



そんな素敵な先生からのレクチャーを受けられるのが、この授業!


ここでは、Tシャツ素材のニット生地を紐状にカットして
指で編んでいくという技法を学びます!

はじめは戸惑っていた生徒たちも
第2回目の授業では自分で編み方を探り、
新しいテクスチャーを生み出せないか模索しています!









今回の目標は
長方形の平面を作り、編み方を変えていくことでテクスチャーを出す
ということで、、、

中村先生に続いてみんな黙々と編んでいきます!






そして授業の最後に各々で制作したものを並べ、
どのようなテクスチャーができたのかを見せ合います!




友達の作った作品の編み方を聞いたり、
次の作品の想像を膨らませています!




先生の作った素敵な作品を気に入った、TAの小野さん!
万遍の笑みで授業を終えました!




今年の最終課題はバッグです!
どんな作品が出来上がってくるのか、とっても楽しみです!



前期後半はシューズブランドを手がける
JUCO先生の授業に切り替わりますので
そちらもお楽しみに〜!






鵜飼



2018年4月13日金曜日

特別講義 ーウルリカ マーテンソン先生ー


新年度の授業が始まりました!
学生たちは少し緊張しつつ、ワクワクした表情で初回授業を受けていました!

これからどんな作品が生み出されていくか楽しみです!



そして、初日から特別講師の方をお招きし、講義が行われました!

今回のゲストは、
建築、プロダクトデザインと幅広い分野で活躍する
立体的な布作りをするテキスタイルデザイナー

ウルリカ マーテンソン先生
です!



ウルリカ先生は、
人の手による布作りを大事にしたデザインをし、
暖かみのあるプロダクトを生み出しているとお話していただきました。

また、これからの時代にはとても重要なお話もたくさんしていただき、
生徒たちからも次々とハイレベルな質問がされ
先生も熱心に答えてくださいました!





そして、生徒ひとりひとりの作品を講評をしていただきました!

独自の技法で制作している作品たちに
ウルリカ先生は興味深々です!









最後に全員でパシャり!


ウルリカ マーテンソン先生
お忙しい中、貴重なお時間をありがとうございました!




鵜飼

2018年4月4日水曜日

第4回助手展 オープニングパーティー

新学期が始まりました!
 
 
はじめに
「スリー・トーンズ」の展示が終了いたしました!
 おかげさまで、5565名の方々に来て頂き大盛況でした!
本当にありがとうございました。



そして先日、助手展のオープニングパーティーが行われました!


今回はなんと、テキスタイル専攻大学院生3人によるケータリングユニット
『 tawao 』
がご馳走を用意してくれました!







 
春らしい彩り、この季節ならではの食材をみなさんで楽しんでいます!

展示を終えたばかりの教授たちもリラックスムードです!








そしてオープニングパーティーのメイン
「高須賀活良先生によるトークイベント」
が行われました!

和やかな空気で会場も盛り上がっていました!


みなさんもぜひ、会場へお越しください!

会期:2018年3月29日(木)-4月25日(水)
日曜・祝日休館
時間:10:00-16:30(入館は16:00まで)
   ※4月3日(火)のみ19:30まで開館
会場:東京造形大学附属美術館
入館無料

助手展インスタグラム:https://www.instagram.com/joshuten_zokei/



また、この場をお借りしてご挨拶をさせていただきます。
今年度からテキスタイル専攻助手になりました、
鵜飼です!
未熟者ではありますが、
これからのテキスタイル専攻を盛り上げていけたらと思います!

何卒よろしくお願いいたします!


鵜飼