2016年9月29日木曜日

松屋銀座「伝統の未来」開催中

日本デザインコミッティー主催の「伝統の未来」展が、松屋銀座で開催中です。

(デザインコミッティーHPより)





この展覧会では、コミッティーメンバーの専門性を軸に、
木工、竹工芸、金工、日本酒、陶磁器、漆、和紙、刃物、染織、建築、
などの伝統工芸を未来の資源という視点からとらえ、また、諸工芸の「総合的な発露」として旅館を加え、それぞれが監修した「伝統の未来」を展示しています。

2016年9月28日(水) ー 10月3日(月) 10:00ー20:00
松屋銀座8階イベントスクエア

染織は須藤玲子先生が監修。
例えば、
“糸芭蕉の繊維を使った芭蕉布と、アルカリで溶かした芭蕉を綿糸にコーティングした再生芭蕉糸による現代版芭蕉布など、伝統的な技法や素材と、新しい技術や解釈によって制作した「NUNO」の製品とを対比させることで、双方の魅力と可能性を際立たせた”
展示となっています。

芭蕉布
NUNOの芭蕉布

染織の展示内容は、
ぼろ、大島紬、絞り、縞木綿、裂き織り、芭蕉、捩織(もじりおり)、和紙、刺繍、金属箔、
です。