2015年4月25日土曜日

2015年学外卒業制作展「縁」レポート 後編その2

学外卒業制作展「縁」展示レポート 後編 続きです!


最後は布作品の見せ場でもあるスロープの作品のレポートです!




5m以上の作品を吊ることができるこのスロープはスパイラルならでは!
吊るすだけで一気に迫力の増すこの場所は、毎年、布作品を作る学生からの人気が高い場所です。

では順に作品をみていきます!



細かな点と線で描かれた不思議な世界が広がるファブリックパネルの作品。作者が無意識のうちに手が動いて描いていたという微細な模様は、絶妙な青で染められた背景がより一層、その世界を引き立てています。


「ファブリックパネル」 丸形美和


こちらは蝶の翅の鱗粉をモチーフに織られた作品。
実在する蝶からインスピレーションを受けた色合いと細かなピンタックにより、思わず手で触れてみたくなるような鱗粉を表現しています。



「Butterfly Wings - Iridescent Scales -    蝶の翅の構造 - 翅の鱗粉 - 」 飛矢崎栞



こちらは石をモチーフに染められた作品。
スクリーンの型の上から作者が一つ一つ丁寧に染料をのせることにより、味わいのある仕上がりです。本物の石のように日常生活にそっと溶け込むような佇まいの作品です。


「石並べ」 水上絵里



こちらは毛皮の表情をモチーフにした作品。
一本一本植えるように描かれた線の連なりにより、見る側の想像力をかき立てられる作品となりました。

「far:fur」朝野るりか





そして作品紹介ラストです!
プリントのリピートを呼吸のリズムとして捉え、スクリーンプリントで表現した作品。
エッチングによって描かれた線の密度と色の重なりをコントロールすることによるグラデーションで、生命のエネルギーを表現しています。



「 呼 吸 」 吉本悠美





これにて「縁」展示レポートは終了です。  




各々の個性が爆発だった今年の卒業制作展はいかがでしたでしょうか。


新4年生は現在来年のスパイラルに向けて日々制作活動に励んでいます。
来年はどんな作品たちが出来上がってくるのでしょうか。
乞うご期待ください〜!

次回は始まり出した授業風景を先生紹介と共にレポートします(予定)!!!





写真 高須賀
文章 吉本