2014年9月19日金曜日

富士山テキスタイルプロジェクト+高須賀さんの展覧会/朝日新聞

2014年9月18日(木) 『朝日新聞』 夕刊
13面/fashion

―顔が見える産地 発信―
山梨県富士吉田・西桂の織物企業が取り組む「ヤマナシハタオリトラベル」の活動が取り上げられました。
企業が取り組む産地活性化の具体的な成果として「おまもりぽっけ」やコンピュータケースなど、卒業生たちがデザインした商品や、現在助手の高須賀活良さんが勤務していたときに手がけたブログ「シケンジョテキ」も紹介されています。

さらに、「大学コラボ 若返りも」の見出しの次に・・・魅力的な商品開発の一助が、5年前に始まった東京造形大学との「富士山テキスタイルプロジェクト」。同大の鈴木マサル准教授の学生が、1年かけて機屋と商品を作る・・・という書き出しで「富士山テキスタイルプロジェクト」が取り上げられ、「おまもりぽっけ」の井上綾さんや、地元の機屋に就職した第1号の渡辺絵美さん、今年就職した井上美里さんも紹介されました。

そしてなんと、同じ紙面の「スナップ」には、高須賀さんの展覧会「SAIBAIMAN 土からのモノづくり」が掲載されています。

この日の夕刊13面は、郡内機屋と東京造形大学で埋め尽くされた?感じがします。
(ohashi)